facebook  twitter  rss  youtube


GUARD×CAMEOコラボレーションの
スマートフォン&マルチケースが新登場
   2014/11/14

GUARD×CAMEO TWO PIECE Smartphone and Multi Case

LSweb

cameo_02a

GUARD×CAMEO スマートフォン&マルチケース
TWO PIECE ツーピース コラボレーションモデル


 ライフセーバーやウォーターパーソン御用達のショップ、辻堂SGCよりスマートフォン&マルチケースが新登場。

 新商品のコンセプトは「毎日が楽しくなる、スマホの新しい収納スタイル」ということで、コンパクトながら多機能性を持たせたケースとなっている。

 このケース、ダーツケースプロダクツを中心にオリジナル商品の企画、製造、販売を手掛けている「CAMEOJAPAN」とGUARDがコラボレーションしたもので、フタと本体が取り外し可能なマルチスタイルのスマホケースだ。 LSweb

 コンセプト通り、スマホやたばこ以外にも、イヤホンやマイクロSDなどの周辺パーツから小銭、 クレジットカード、SUICAといったカード類や身の回り品も一緒に収納できるように工夫されている。

 また〝Made in Japan〟にこだわり、特殊な生地ボンディング加工により、心地よい手触り感を出したこだわりの商品となっている。
 
 自分で使うもよし、ギフトやクリスマスプレゼントにもぴったりの一品だ。



GUARD×CAMEO スマートフォン&マルチケース
TWO PIECE ツーピース コラボレーションモデル


LSweb 
カラー:ブルー/レッド/イエロー
サイズ:縦・約13.5~16.5cm(調節可能)×横・8cm×幅・4cm(推奨最大横幅:GALAXY S5サイズ(横幅7.3cm)まで)
価格:3,980円(税込)

★問合せ先:SGC(Shonan Guard Collection)
〒251−0047神奈川県藤沢市辻堂1−2−17 シエロ湘南
TEL:0466-86-7774
ショップサイト:www.guard1997.com





2014年「KLFパトロール ネットワークミーティング」開催   2014/10/31

KLF Patrol Network Meeting 2014

LSweb

LSweb 神奈川県ライフセービング連盟(KLF)では“パトロールネットワーク(通称、パトネット)”を組織し、神奈川県内ビーチが連携することにより海水浴場での事故防止、減少に取り組んでいる。

 パトロールネットワークとは、「各ビーチが抱えるパトロールに関する問題を共有し、その解決を目指す。また、県内ビーチの連携を強めることによりそれぞれのライフガードサービスを向上させる」ことを目的として、これに賛同する地域クラブが中心となり2010年に設立した、自発型のKLF内組織だ。

 そんなパトネットが、来たる11月9日(日)、神奈川県藤沢市にて、2014年度の活動報告を振り返るとともに、パトロール時に発生した事例について、専門ゲストを招いての検討会・パネルディスカッションを開催する。

 神奈川県内のみならず、全てのライフセーバー及びその関係者を対象とした公開ミーティングとのことなので、仲間を誘って気軽に参加して欲しい。
 
 詳細は以下の通り。詳しいお問い合わせは、KLF事務局まで。

「2014 KLFパトロールネットワークミーティング」開催について

 パトネットでは、2014年パトネット活動報告と合わせ、パトロール活動における発生事例の検討会を行います。
 
 数少ない現場での事故事例等を、クラブ単体ではなく神奈川全体で共有する場になればと考えております。
 一方通行な報告会ではなく、翌年以降の活動現場に向け意見交換ができればと思いますので、1人でも多くの県下ライフセーバーにご参加いただければと願っております。

日時:平成26年11月9日(日)13:30~16:45(13:15受付開始)
場所:藤沢市民会館第2展示ホール
対象:県内外のライフセーバー(定員150名)
   *各クラブの代表、幹部の方だけでなく、全ライフセーバー対象となります。

目的:
1.パトロールネットワーク活動の年間総まとめとして、活動の振り返りを行うと共に次年度以降の課題の抽出を行う。
2.神奈川県内クラブのパトロールの質の向上のため、ライフセーバーの知識や技術の向上につなげる。

内容:
第1部・パトネット年間活動報告
・他浜留学報告
・リクルーティング、リーフレット、キャプテン章授与
・その他、災害対策・連絡網・定例会・PTSD講習会
         ・今夏パトロールログ集計結果
         ・海岸利用あり方検討会について

第2部 症例検討会(パネルディスカッション)
         ・PTSD(自分たちの仲間をどう守る)
         ・頸椎対処
         ・教育講演(中川先生)
質疑応答-ゲスト-
・中川 儀英 先生 /東海大学病院救命救急センター次長/JLA救急蘇生委員長
・笹川 真紀子 先生/東京消防庁惨事ストレス対策専門指導員/武蔵野大学心理臨床センター 研究員

問い合わせ:
神奈川県ライフセービング連盟事務局
TEL:0466-60-2212



ジュニアだってマイボードが欲し〜い!?
国内で手に入るニッパーボード一覧
   2014/10/22

Nipper boards Selection 2014 Autumn

LSweb

LSweb
波に乗る楽しさ、ひいては海の楽しさを教えてくれるニッパーボードは、ジュニアプログラムを運営しているクラブにとって、なくてはならない道具だろう。

これからジュニアプログラムを立ち上げようと考えているクラブにとっても、また、マイボードが欲しい! と思っているジュニアライフセーバーたちにとっても気になる存在のはずだ。

ニッパーボードと一口にいっても、材質や形もいろいろある。国内で手に入る商品を紹介しよう。


文・写真=LSweb編集室
協力=GUARD,KawasakiSports,
BravoboardsJapan





ニッパーボードの種類

 ニッパーボードは素材の違いなどから、大きくわけてソフトボードとハードボードの2種類がある。

 ソフトボードの素材は発泡プラスチック(ウレタンフォームなど)で、弾力性があり、人などに当たってもケガをしにくい作りとなっている。初心者でも安心して使えるため導入用に最適だが、衝撃で傷や凹みができやすく、そこから劣化が進むデメリットもある。
LSwebLSweb
 また最近は、全体的に丸みをおびた、安定性の高い幅広タイプと、マリブに近い細長い形状で、ボトムにPVC加工(ビニール加工)を施し、滑らかにしたタイプがある。前者はより初心者向けといえる。

LSweb
 一方、ハードボードは発泡プラスチックのコア(芯)に、グラスファイバー繊維を巻き、ポリウレタン樹脂などで固めたもの。

 マリブボードの小型版なので、ソフトボードと比べるとスピードが出るし、浮力もソフトボードより大きいのが一般的だ。また素材が硬い分、ハードボードの方が回転性能が高い。

 ただし、取り扱いには注意が必要。特にジュニアの場合は、うっかり流して仲間や一般の人に当ててしまう、といった事故に気をつけたい。

ニッパーボードもハードの時代へ!?

LSweb ところで日本では、これまでニッパーボードと言えばソフトタイプが一般的だった。しかし最近は、年間を通してジュニアプログラムを運営するクラブが増え、小学校低学年から継続してライフセービングに親しむ子どもたちも増えてきた。子どもたちのレベルが上がれば、より性能の高いニッパーボードを使いたくなるのが自然の摂理だ。

 ジュニアプログラムが活発になればなるほど、ハードボードの需要も高まるだろう。日本でも今後、オーストラリア並とはいかないまでも、ハードタイプのニッパーボードが普及していくことになりそうだ。

 最後に、ハードのニッパーボードを選ぶ基準を、ボードの制作にも関わっているブラボーボードジャパンの小野塚浩一さんに聞いてみた。

LSweb 「ハード、ソフト(レーシング用)ともにニッパーボードの長さは2mというのが標準です。ソフトボードの場合、体重40kgまで対応しているものが一般的ですが、弊社のハードボードは35kgから5kg刻みに60kgまで揃えています。
 ボードを選ぶ際の目安は自分の体重プラス5〜10kgですが、子どもは成長が早いため、頻繁にボードを取り替えるとなると大変ですよね。必ずしも体重に合わせるのではなく、浮力や扱いやすさを考慮して選んでも良いと思います」

 ジュニアライフセービングの普及に伴い、「マイボードが欲しい!」という子どもたちが増えるのは確実だ。もっとも、ハードボードの方がソフトボードより価格が高いので、保護者の方々には少々悩ましいことかもしれない……。

 
【国内で入手できる主なニッパーボード】

★ガード
GUARD Nipper Board

GUARD Nipper Board

GUARD Nipper Board

GUARD racing Board

オリジナルブランドのビギナー用とレーシング用、2種類のソフトボードを販売。ビギナー用はカラーも豊富。

価格:ソフトボードビギナー用 43,200円(税込)/ソフトボードレーシング用 50,760(税込)

ウェブサイト:http://www.guard1997.com/

★カワサキスポーツ
Bennett SoftPro

Bennett SoftPro

LSweb

Bennett racing Board

オーストラリア・ベネット社製のソフトボード2種類(ビギナー用、レーシング用)に加え、今年からベネット社製ハードボードの販売も開始。

価格:ソフトボードビギナー用 43,200円(税込)/ソフトボードレーシング用 56,160円(税込)/ハードボード 92,000円(+税)

ウェブサイト:http://www.kawaspo.com/lifesaving/

★ブラボーボードジャパン
BRAVO Nipper Board

BRAVO Nipper Board

BRAVO racing Board

BRAVO racing Board

オーストラリア・ブラボードボード社の日本窓口。下のSNSサイトから日本語でオーダー可能。レーシング用のソフトボード、ハードボードを販売。ハードボードにはオリジナル塗装が可能。

価格:ソフトボードレーシング用 A$400(+送料&税)/ハードボード A$850(+送料&税)

SNSサイト:https://www.facebook.com/BravoboardsJapan/info


第40回全日本LS選手権
記念Tシャツ &パーカー予約販売開始!
   2014/09/29

全日本LS大会記念グッズ・GUARDより期間限定予約販売スタート

LSweb

LSweb

第40回LS選手権記念Tシャツ

 今年もいよいよ〝全日本〟の季節がやってきた。

 日本ライフセービング界最大の競技会であり、全国各地から予選を勝ち抜いたライフセーバーたちが集う同選手権大会。その記念グッズが今年も『GUARD』ブランドでお馴染みの湘南辻堂にある「SGC(SHONAN GUARD COLLECTION)」から発売された。
 
 節目となる40回目の大会に準備された記念グッズは、格好良くデザインされたTシャツとパーカーの2点だ。
 記念Tシャツは、ネイビー、イタリアンレッド、イエローの3色。パーカーは、ブラックとグレーの2色となっている。サイズはどちらもS、M、L、XLの4つが揃う。

 同大会の記念グッズは毎年人気を博しているが、今年は40回大会記念のオリジナルデザインとなっており、ロゴやデザインもさらにカッコよくなっていて人気沸騰間違いなし。
 しかもGUARDのウェブサイトのみでの先行予約販売となっているため、この期間にここでしか手に入らないまさに期間限定の記念グッズとなっている。

 買い忘れてあとで後悔しないように、これを見たら早速「GUARD」ウェブサイトから予約しよう。
 
★☆第40回ライフセービング選手権大会記念Tシャツ☆★

LSwebLSweb
記念Tシャツ特別価格:1枚 2,000円(税込)
※この商品は、予約販売商品となっており、10/9(木)以降順次発送予定。

★☆第40回ライフセービング選手権大会記念パーカー☆★

LSwebLSweb
記念パーカー特別価格:1着 3,000円(税込)
※この商品は、予約販売商品となっており、10/9(木)以降順次発送予定。

◎購入&お問い合わせ
◆【SGC】エス・ジー・シー
◆住所:神奈川県藤沢市辻堂1-2-17 1F
◆電話:TEL:0466-86-7774
◆定休日:毎週火曜日
◆ウェブサイト:http://www.guard1997.com/product-group/33
 


「第10回ライフセービングチャンピオンシップスin島根」、エントリー受付中   2014/08/15

10th annual Surf Life Saving Championships in SHIMANE2014

LSweb

「ライフセービングチャンピオンシップスin島根」
今年は記念すべき第10回大会!



LSweb 島根県の西部にある岩見海浜公園。白砂青松の美しい海岸線が3.5kmに渡って続き、姉ケ島や波子といった美しいビーチを有する山陰屈指の海浜公園だ。

 そんな「日本の快水浴場百選」にも選ばれている美しい海辺を舞台に今年も「ライフセービングチャンピオンシップスin島根」が9月6日㈯から7日㈰にかけて行われる。

 記念すべき10回目となる同大会は、地元で活動しているNPO法人「浜田ライフセービングクラブ」が主催となって行っているもの。
 6日の土曜日が開会式および情報交換会、翌7日の日曜日が競技会というスケジュール予定となっている。今年はJLA主催のクラブマネージャーキャンプも同時開催される予定だそうだ。

 本大会の開催目的は、
1.青い海・白い砂に恵まれ、ライフセービング活動により安全な、美しい浜田の海を、市民および県内外の方々に知ってもらうこと。
2.西日本各地のライフセーバーの技術向上と相互交流を行うこと。
の2つを掲げており、関西を中心に毎年、多くのライフセーバーが参加する西日本屈指の大会となっている。

 関西エリアのライフセーバーの皆さん、クラブの仲間を誘い合ってぜひご参加を。もちろん、関西以外からの参加も受け付けている。第10回の記念大会をみんなで大いに盛り上げよう! 


◎第10回ライフセービングチャンピオンシップスin島根

開催場所:島根県立石見海浜公園 Bゾーン特設会場

開催日時:2014年9月7日㈰ ※6日㈯は開会式及び情報交換会

参加費:選手1名につき9,000円
※参加料には、情報交換会費・大会前日の宿泊費・大会当日の昼食費
及び国民宿舎千畳苑入浴代(2回分)を含む。

エントリー締め切り日:平成26年8月28日(木)【必着】LSweb

☆エントリー方法その他の詳細・問合せ先

特定非営利活動法人 浜田ライフセービングクラブ事務局
WEB問合せ:http://hlc-iwami.com/contact.htmlを参照






news&information

  新着記事

  News&Info新着記事

  News&Info年別アーカイブ