facebook  twitter  rss  youtube


ブラボー社のレーシングマリブ
国内でただいま限定発売中
   2014/07/14

bravoboards 2014

LSweb

LSweb
ライフセーバーにとって気の抜けない、パトロールシーズンが始まった。

日々の業務をこなしながら、朝練、夕練でスキルアップをはかるこの時期。さらには秋の大会シーズンを見据えて、自分のボードでがっつり練習したい! と思っている若手ライフセーバーもいるのではないだろうか?

そんなアナタに、早い者勝ちの耳より情報をお知らせしよう。


文・写真=LSweb編集室





今すぐにマイボードが欲しい人、必見!

LSweb 近年、本場オーストラリアで注目されている、新興勢力のレーシング用のマリブボードがある。それが艶消しのド派手なスプレーペイントで目を引く「ブラボーボード」だ。

 シェイピングからグラッシング(ラミネート)、そしてペインティングまで、すべて手作業で作られるブラボーのボードは、斬新なペイントだけでなく、マニューバー性(回転性能)の高さにも定評があり、オージーのトップ選手たちの間で愛用者が増殖中。全豪選手権でも優勝するなど、今、ライフセーバーたちが最も注目するブランドの一つとなっている。

 同社のボードは、ゴールドコーストにある工房で作られているのだが、実は4人のスタッフのうち1人が日本人ということはあまり知られていない。その日本人スタッフこそ、現地在住の小野塚浩一さんなのである。

 小野塚さんは、ボードを作る上で非常の重要なグラッシング作業を担当。その一方で、日本からのオーダー注文に丁寧に対応してくれる頼れる存在なのである。
LSwebLSweb
 例えば、ボード注文時にブラボーの特徴であるオリジナルペイントをリクエストするとしよう。ベースは学校カラーにして、そこに似顔絵風のイラストを控えめに入れて欲しい……なんていう、英語で説明するのは少し難しい微妙なニュアンスも、小野塚さんにならば躊躇なく伝えることができるし、漢字のような独特のデザインも、しっかりチェックしてくれるので安心だ。

 デザインに迷って決めかねたら、すでに納品されたボードから好みのものを探し、色だけ変えてとか、ちょっとアレンジして、とリクエストすることもできるそうだ。

 ところで、ブラボーボードの日本での先駆者は、湯河原LSCの西山 俊 選手。
 日本代表でもある西山選手は「今までにない斬新なペイントと、波の上での回転性能の高さに惚れました」と同社のボードを絶賛。
LSwebLSweb
 「実はブラボーのボードにしてから、『そのボードかわいい! どこのですか?』など、海で声をかけられることが多くなったんですよ」と、意外な効果も教えてくれた。

 確かに、ブラボーボードの注目度は高い。先月、小野塚さんが納品のために来日した際、海沿いのとある公園にズラリとボードを並べて写真撮影させてもらったのだが、その様子を目にした女性がすかさず「見たことないけど、どこのボードですか? カッコイイですね」と声をかけてきた。

LSweb 今回、小野塚さんが輸入したボードのほとんどはオーダー品のため、すでに個々のライフセーバーの手に渡ってしまったが、まだ買い手がついていないものが2本ある。つまり今なら、待ち時間ゼロでボードを手に入れられるというわけ。オンシーズンにマイボードを持つ絶好のチャンスだ。

 サイズは60と75。下の写真で西山選手が手にしているボードがそれ。カラフルなパターンとブルー系のシャープなデザインの2本だ。
 
 興味のある人は今すぐ、同社の日本語フェイスブックページから問い合わせてみよう(同社FBでも告知販売中なので、すでに売り切れの場合はご容赦下さい)。

限定販売のブラボー・レーシングマリブボード

LSweb

サイズ60
(2014年全豪U19女子ボードレース優勝艇と同型デザイン)

LSweb

サイズ75


ブラボー(BRAVO)

BRAVOウェブサイト(英語):http://www.bravoboards.com.au
またはフェイスブック(FB):Bravoboards Japan facebookで検索






海洋冒険家
白石康次郞さんと一緒に親子で海を学ぼう!
   2014/06/25

kaiyoujuku2014 in Seabornia

LSweb

リビエラ海洋塾
シーボニアマリーナで開催


LSwebライフセーバーにとって海は身近な存在だが、もっともっと、海のことを知りたいと思ったことはないだろうか?

例えば、360度、水平線しか見えない大海原の真ん中にいると、いったいどんな気分がするのだろう? とか。

この夏、26歳の時にヨットで世界最年少単独無寄港を成功させた、海洋冒険家の白石康次郞さんが、神奈川県三浦半島のシーボニアマリーナで「リビエラ海洋塾2014 親子塾」を開催する。

広い海のことをもっと知りたいと思ったら、要チェックのイベントだ。


ヨットやカヌーを体験
夜は波の音を聞きながらのテント泊


LSweb 海洋冒険家の白石康次郞さんは、海への憧れから水産高校へ進学した後、日本の外洋ヨットレーサーの草分け的存在、多田雄幸氏に弟子入りし、ヨットと海のイロハを習得。
 1993年にヨットによる単独無寄港世界一周を達成した。当時、26歳。176日間、どこへも寄港せず、七つの海をセーリングし続けての快挙だった。

 その後も海とヨットを活動フィールドとし、2005年そして2007年と、単独世界一周レースに挑戦。2007年に出場した「5オーシャンズ」では、世界の強豪を相手にクラス2位の好成績を樹立した。

 そんな白石さんが講師を務めるのが、リビエラ海洋塾だ。東京湾と相模湾を隔てる三浦半島、その西側に位置するシーボニアマリーナを拠点に、7月、8月、9月とそれぞれ一泊二日の日程で開催される。対象は小学生以上の子どもとその保護者だ。
LSwebLSweb

 初日はヨットに乗ったり、カヌーを漕いだり、釣りをしたり、ロープワークを習ったりとアクティブに活動し、2日目はクルーザーヨット体験、さらにはシーボニアマリーナが面する小網代湾の奥に広がる「小網代の森」で、豊かな自然を観察する、盛りだくさんのメニューが組まれている。

 圧巻は、夜のテント泊。マリーナ内にテントを設営し、ちょっと夜更かししながら、星空の下で白石さんから海の話しを聞けば、気分は船乗り!? 波の音を聞き、潮風を感じながら寝袋に潜り込めば、海を大冒険している夢が見られるかもしれない。
LSwebLSweb

 リビエラ海洋塾の開催スケジュールは以下のとおり。詳細はウェブまたはメールでお問い合わせをどうぞ。
LSweb


【リビエラ海洋塾2014 親子塾】
7月26日(土)〜27日(日)
8月30日(土)〜31日(日)
9月27日(土)〜28日(日)

◆リビエラ海洋塾2014ウェブサイト
www.riviera-r.jp

◆メールでのお問い合わせ
kaiyofukyu@riviera.co.jp










6月14日、15日は館山に集合!
「オーシャンフェスタ館山」今年も開催!
   2014/05/27

「OCEAN+FEST TATEYAMA 2014」by TATEYAMA SURF CLUB

LSweb

LSweb

ライフセーバーの力が試されるタフでファンなレースと、豪華な賞品でお馴染みの「OCEAN+FEST TATEYAMA 2014」が、6月14日(土)、15日(日)に千葉県館山市の北条海岸で開催される。

毎年、ハイレベルな戦いが繰り広げられる「エリートの部(オーシャンズ8)」は、初日の土曜日に開催。腕に覚えのあるライフセーバーの皆さん、要チェック! ですよ〜。

写真=TATEYAMA SURF CLUB





ジュニアイベントや体験イベントも多数!

 毎年6月に北条海岸で開催される「オーシャンフェスタ館山」は、館山市のバックアップも得ており、ビーチで、オーシャンで、子どもから大人まで楽しめる海のイベントとしてすっかり定着した。

 8回目となる今年は、好評のジュニアライフセービングプログラムから、SUPやアウトリガーカヌー体験、さらに現役力士に挑戦できるビーチ相撲などのファンイベントのほか、真剣勝負のビーチフラッグス、ビーチ綱引き、アウトリガーカヌーレースなどなど、盛りだくさんのメニューが用意されている。

 ライフセーバーにとって気になるのは、館山市長杯をかけて争うチーム競技のオーシャンズだろう。
 走って、泳いで、漕いで、そして助け合ってと、ライフセーバーの能力をフル活用して戦うオーシャンズは、豪華賞品も魅力。さて、今年はどんな賞品が用意されているのか……!

 エントリー締め切りは6月6日㈮まで。会場は館山市北条海岸、雨天決行。
 我こそはというライフセーバーの皆さん、そしてジュニアのみんなもエントリーをお忘れなく!
LSwebLSweb

LSweb

★☆問い合わせ☆★


「OCEAN+FEST TATEYAMA 2014」事務局
TEL:0470-22-3696
E-mail:sportska@city.tateyama.chiba.jp
(月〜㈮・9:00〜17:00 祝日除く)

【オーシャンズ】等の競技に関する問合せは、
館山サーフクラブまで。

TATEYAMA SURF CLUB
E-mail:tateyama.sc@gmail.com

※ エントリーの締め切りは、6月6日金曜日まで。











3タイプのアクションカメラ
アウトドアメーカーのLOGOSから発売
   2014/05/07

LOGOS「アクションEZカム」シリーズ

LSweb

LSweb
ここ数年で急速に普及したアクションカメラ市場。

小型で、さまざまなギアに装着することができ、スポーツシーンなど臨場感あふれる映像を撮影できるのが人気の秘密だ。

そんなカメラを使ってみたい! という人に、アウトドアメーカーのLOGOS(ロゴス)から発売された、手軽に扱える3タイプのアクションカメラ「アクションEZカム」を紹介しよう。



文・写真=LSweb編集室





一番人気はディスプレイ内蔵モデル

 デジカメやスマホ、さらには一眼レフカメラともひと味違った、迫力ある動画が撮影できるアクションカメラ。でも、ウェアラブルという特性ゆえに、その扱いは案外難しかったりする。
 
LOGOSから発売されたアクションEZカムは、3タイプのカメラから用途に合わせた1台を選ぶことができるので、アクションカメラ初心者でも安心だ。

LSweb では早速、そのラインナップを見ていこう。

「アクションEZカム・タッチパネル」(21,800円+税)は、その名のとおりカメラ本体に2.4インチのタッチパネル式ディスプレイを内蔵したアクションカメラで、スマホのように直感的に操作できるのが特徴だ。リモコンも付属している。
 ディスプレイがあると、撮影アングルをチェックしたり、撮ったその場で映像を確認できたりと何かと便利。アクションカメラ初心者でも失敗が少なく、驚きの映像が撮れる!? かもしれない1台だ。

 シリーズ最小・最軽量なのが「アクションEZカム・mini」(11,800円+税)。本体重量わずか27gで、プラレールに載せてもスムースに動く。また、自転車などに装着しても目立たない長方形の形状で、アタッチメントとのジョイント部分がワンタッチのスライド式というのも簡単で便利だ。

 無線機能内蔵の「アクションEZカム・ワイヤレスLAN」(29,800円+税)は、専用アプリを使えば手元のスマホやタブレットでの操作が可能で、SNSとの相性が良いのが嬉しい1台。応用範囲が広いので、操作に慣れればさまざまなシーンで活躍しそうだ。

LSweb 3タイプいずれにも、防水・防塵ハウジング、サーフボードやスノーボードに対応した平置きマウント、自転車のハンドルなどに装着できるバイクマウント、ヘルメットマウントとヘルメットベルト、USBケーブルが標準装備されているので、買ってすぐにいろいろなアクションシーンが撮影できる。

 記録メディアはマイクロSDを採用。もちろん、3タイプともに動画(ムービー)だけでなく静止画(写真)も撮れる。

 標準装備の付属品以外にも、自分撮りもできる伸縮性のポール、胸の前に装着できるチェストマウント、車のシガーソケットから充電できるDCアダプター、吸盤タイプの平置きマウントなどなど、オプションアクセサリーが充実しているのも嬉しい。

 お手頃価格のLOGOSアクションEZカムで、あなたもアクションカメラデビューしてみてはいかが?




LSwebLOGOS アクションEZカム・mini
¥11,800(税別)
シリーズのなかでも最小のコンパクトを誇る機種。標準オプション装備の3Mスティッカーでどこにでも貼付けて撮影可能。

LOGOSアクションEZカム・タッチパネル
¥21,800(税別)
2.4インチの大型タッチパネル内蔵で、簡単操作を実現。その場で映像を確認できるプレビュー機能はもちろん、ドライブレコーダーモードもあり。

LOGOSアクションEZカム・ワイヤレスLAN
¥29,800(税別)
ワイヤレスLAN 機能を使えば、無料専用アプリで手元のスマホやタブレットで操作OK、SNSなどでシェアも可能。

LSweb
◎問い合わせ先

ロゴスコーポレーション・コンシューマ係
Tel:06-6681-8204(平日・10:00〜17:00)
URL:www.logos.ne.jp



小学生ビーチフラッグス大会、辻堂海岸で開催!   2014/04/29

「アウトドア活動・マリン&ファミリースポーツフェア」

LSweb

LSweb
全国的に晴天に恵まれた4月27日(日)、神奈川県藤沢市の辻堂海浜公園で、神奈川県内を拠点に活動するアウトドア団体などが共催する「アウトドア活動・マリン&ファミリースポーツフェア」が開催された。

カヌー体験や手作り凧上げ教室、テント体験、野外ゲームなどなど、さまざまな催しが行われる中、辻堂海岸では神奈川県ライフセービング連盟と辻堂ライフセービングクラブの協力で、小学生ビーチフラッグス大会が実施され、裸足の子どもたちが元気一杯、砂浜を走り回ったのだった。


文・写真=LSweb編集室





来年も参加しま〜す!

LSweb 今回で15回目を迎える「アウトドア活動・マリン&ファミリースポーツフェア」。辻堂海浜公園での開催は今回が2回目で、ゴールデンウイーク期間中に行われるのは、今年が初めてだ。

「昨年は7月7日に開催しましたが、猛暑でスポーツを楽しむには過酷なコンディションでした。そこで、今年はこの時期に変更したのですが、大勢の親子が参加してくれ好評です。一番人気は60人が参加した地引き網ですが、ビーチフラッグスもなかなか盛況ですね」
 と、同フェアの実行委員である神奈川県野外活動協会副会長の高野新平さん。

 その言葉どおり、ビーチフラッグス大会には男女合わせて36人の小学生がエントリー。低学年(1〜3年生)、高学年(4〜6年生)に分かれて真剣勝負が行われ、各クラスでそれぞれ1位から3位が決定した。

 上位3人はいずれも男の子という結果。そして、西浜SLSCや湘南ひらつかLSCのジュニアが一日の長を活かして好成績を上げていた。
LSwebLSweb

「男女混同ということで、女の子には少し不利だったかな。来年は男女別で開催できればいいですね」
 と話すのは、KLFの和田朋也さん。LSweb

「始まる前はどのくらい人が集まるか心配でしたが、予想以上に集まってくれてホッとしました。ビーチフラッグスはやっぱり知名度がありますね」
 と言うのは辻堂LSC代表の中川 健さん。中川さんを補佐した今野絵奈さん、佐藤綾乃さんも笑顔を見せた。

「今年初めて参加しましたが、面白かったです。ビーチフラッグスでは惜しいところまで行ったので、ぜひ来年も参加したいですね」
 と話すお父さんの横で、
「またやりたい!」
 と目を輝かせた小学生の兄弟。来年もぜひ参加してね!
LSwebLSweb
 単純明快なビーチフラッグス競技は、参加する子どもも、応援する保護者も大いに盛りあがる。小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんの姿を見て、自分もやりたいという就学前の子どもたちも多く、改めて、ビーチフラッグスの魅力を認識した次第だ。
LSwebLSweb
LSweb






news&information

  新着記事

  News&Info新着記事

  News&Info年別アーカイブ