Competitions

IMG_9886Iron
インターナショナル サーフ レスキュー チャレンジ初日・大会結果2013/09/20

SANYO INTERNATIONAL SURF RESCUE CHALLENGE DAY 1

LSweb
日本初開催となる「インターナショナル サーフ レスキュー チャレンジ(ISRC)」が、9月21日から千葉県の御宿海岸で開催されている。

7カ国が参加する国際ライフセービング連盟(ILS)認定の国際大会。世界の強豪を迎え、日本勢はどう戦うのか? 3日間の模様をレポートする。

文・写真=LSweb編集室




初日トップはオーストラリア

 2年に一度開催されるISRCは、開催場所によって参加国の顔ぶれが少し変わる。今大会には昨年の世界大会(Rescue 2012)1位のニュージーランド(NZL)、2位のオーストラリア(AUS)をはじめ、カナダ(CAN)、アメリカ(USA)、香港(HKG)、韓国(KOR)、そして日本(JPN)の7カ国が参加。
 ニュージーランド、オーストラリア、日本、カナダ(女子選手2人のみ。総合成績はつかない)の4カ国はユースチームも送り込んでいる。
LSwebLSweb
 ISRCの特徴は、なんといっても3日間の大会期間中、まったく同じ競技種目を毎日繰り返す、短期集中のシリーズレースということだ。ただし個人成績はつかず、3日間のトータルで総合成績を争う大会だ。
 1日で個人種目・男女各6種目、団体種目・男女各3種目、リレー種目は男女混合のミックスリレーを含む4種目が実施される。チーム編成は世界大会と同じく、男女各6人。一人が何種目も出場するため、選手たちにとっては、1日たりとも力を抜くことのできない気力と体力が試されるハードな大会となる。
LSwebLSweb

 晴天に恵まれた大会初日。オープン部門でトップに立ったのは、シャノン・エクステイン、クリスタル・スミス、ナオミ・フルードなど、トップ選手をそろえたオーストラリア。17点差で追うのが、世界大会でナンバー1になったニュージーランド。続いて、地元開催で地の利のある日本チームは3位につけた。
 僅か1ポイント差で日本を追うのが、プロのライフガード集団であるアメリカ。続いてISRC2大会連続出場のカナダ、さらに近年、競技でも実力をつけてきた香港、そして初参加となる韓国という順位となった。
LSwebLSweb
 大会第1日目の成績は以下のとおり。

 なお、20日(金)はオフ日となっており、各国選手は地元、御宿町の小中学生と交流を楽しんだ。競技は21日(土)、22日(日)に行われ、最終日に総合成績が確定する。
 また、23日(月)は世界トップ選手と日本のクラブチームが競う、オープン参加の「ムーンカップ」が開催される。今週末、御宿はインターナショナルでホットな場所となる。世界レベルのパフォーマンスを間近に見て、挑戦できる絶好のチャンスだ。
LSwebLSweb

【ISRC2013 第1日目の成績】


☆オーシャンウーマン(Ocean Woman Open)
1位:Kristyl Smith/AUS
2位:Devon Halligan/NZL
3位:Natalie Peat/NZL
4位:三井結里花/JPN
7位:名須川紗綾/JPN

☆オーシャンマン(Ocean Man Open)
1位:Shannon Eckstein/AUS
2位:Max Beattie/NZL
3位:Kendrick Louis/AUS
5位:長竹康介/JPN
6位:坂本陸/JPN
LSwebLSweb
☆オーシャンウーマン ユース(Ocean Woman Youth)
1位:Emma Dick/AUS
2位:Maddy Dunn/AUS
3位:Katie Wilson/NZL
5位:高橋志穂/JPN
6位:勝又日葉/JPN

☆オーシャンマン ユース(Ocean Man Youth)
1位:Luke Cuff/AUS
2位:Ben Carberry/AUS
3位:Ben Cochrane/NZL
5位:小林海/JPN
6位:永石哲朗/JPN

☆女子サーフレース(Surf Race Female Open)
1位:Eliza Smith/AUS
2位:Mrianda Bell/AUS
3位:Natalie Peat/NZL
6位:水間菜登/JPN
12位:竹内梨夏/JPN

☆女子サーフレース ユース(Surf Race Female Youth)
1位:Carina Doyle/NZL
2位:Jessica Miller/NZL
3位:Tiarrn Raymond/AUS
5位:上野真凜/JPN
6位:勝又日葉/JPN

☆男子サーフレース(Surf Race Male Open)
1位:Dev Lahey/AUS
2位:Timothy Schofeild/AUS
3位:Tom O’neill/USA
7位:大島圭介/JPN
10位:坂本陸/JPN

☆男子サーフレース ユース(Surf Race Male Youth)
1位:Isak Costello/AUS
2位:Andrew Trembath/NZL
3位:Stefaan Demopolous/AUS
5位:永石哲朗/JPN
6位:富澤泰介/JPN

☆女子ビーチスプリント(Beach Sprint Female Open)
1位:Chanel Hickman/NZL
2位:Melissa Howard/AUS
3位:Emilly Brady/CAN
4位:但野安菜/JPN

☆男子ビーチスプリント(Beach Sprint Male Open)
1位:Jake Lynch/AUS
2位:Paul Cracoft Wilson/NZL
3位:小田切伸矢/JPN
LSwebLSweb
☆女子ビーチスプリント ユース(Beach Sprint Female Youth)
1位:Gabby Murphy/AUS
2位:Olivia Eaton/NZL
3位:中島静香

☆男子ビーチスプリント ユース(Beach Sprint Male Youth)
1位:Jackson Symmonds/AUS
2位:Jake Hurley/NZL
3位:森野友也/JPN

☆男女混合ボードリレー(Mixed Board Relay Open)
1位:NZL
2位:AUS
3位:USA
4位:JPN(落合慶二/竹内梨夏)

☆男女混合ボードリレー ユース(Mixed Board Relay Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(小林海/上野真凜)

☆男女混合サーフスキーリレー(Mixed Surf Ski Relay Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(長竹康介/名須川紗綾)

☆男女混合サーフスキーレース ユース(Mixed Surf Ski Relay Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(小林海/高橋志穂)

☆女子ビーチフラッグス(Beach Flags Female Open)
1位:Melissa Howard/AUS
2位:Chanel Hickman/NZL
3位:Emily Brady/CAN
4位:但野安菜/JPN

☆男子ビーチフラッグス(Beach Flags Male Open)
1位:Jake Lynch/AUS
2位:Brian Costello/USA
3位:Paul Cracoft Wilson/NZL
4位:竹澤康輝/JPN

☆女子ビーチフラッグス ユース(Beach Flags Female Youth)
1位:Gabby Murphy/AUS
2位:Olivia Eaton/NZL
3位:Sarah Bernier/CAN
4位:勝又日葉/JPN

☆男子ビーチフラッグス ユース(Beach Flags Male Youth)
1位:Jackson Symmonds/AUS
2位:Jake Hurley/NZL
3位:皆川貴海/JPN

☆サーフチームレース(Surf Teams Race Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:USA
4位:JPN(大島圭介/落合慶二/三井結里花/竹内梨夏)

☆サーフチームレース ユース(Surf Teams Race Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(富澤泰介/皆川貴海/坂本佳凪子/上野真凛)

☆女子サーフスキーレース(Surf Ski Race Female Open)
1位:Naomi Flood/AUS
2位:Lisa Carrington/NZL
3位:Devon Halligan/NZL
7位:名須川紗綾/JPN
9位:三井結里花/JPN

☆男子サーフスキーレース(Surf Ski Race Male Open)
1位:Lachlan Tame/AUS
2位:Shannon Eckstein/AUS
3位:Liam O’Loughlin/NZL
6位:長竹康介/JPN
10位:坂本陸/JPN

☆女子サーフスキーレース ユース(Surf Ski Race Female Youth)
1位:Tiarrn Raymond/AUS
2位:Katie Wilson/NZL
3位:Karina Radley/NZL
5位:高橋志穂/JPN
6位:中島静香/JPN

☆男子サーフスキーレース ユース(Surf Ski Race Male Youth)
1位:Bill Bain/AUS
2位:Ben Carberry/AUS
3位:Ben Cochrane/NZL
5位:小林海/JPN
6位:永石哲朗/JPN

☆女子ボードレース(Board Race Female Open)
1位:Devon Halligan/NZL
2位:Kristyl Smith/AUS
3位:Danielle McKenzie/NZL
6位:水間菜登/JPN
7位:大山玲奈/JPN

☆男子ボードレース(Board Race Male Open)
1位:Kendrick Louis/AUS
2位:Shannon Eckstein/AUS
3位:Chris Moors/NZL
5位:長竹康介/JPN
6位:落合慶二/JPN

☆女子ボードレース ユース(Board Race Female Youth)
1位:Maddy Dunn/AUS
2位:Emma Dick/AUS
3位:Katie Wilson/NZL
5位:坂本佳凪子/JPN
7位:勝又日葉/JPN

☆男子ボードレース ユース(Board Race Male Youth)
1位:Luke Cuff/AUS
2位:Stefaan Demopolous/AUS
3位:Ben Johnston/NZL
5位:小林海/JPN
6位:森野友也/JPN

☆女子レスキューチューブレスキュー(Rescue Tube Female Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:USA
4位:JPN(水間菜登/名須川紗綾/大山玲奈/竹内梨夏)

☆男子レスキューチューブレスキュー(Rescue Tube Male Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:USA
4位:JPN(坂本陸/大島圭介/落合慶二/小田切伸矢)
LSwebLSweb
☆女子レスキューチューブレスキュー ユース(Rescue Tube Female Youth)
1位:NZL
2位:AUS
3位:JPN(中島静香/坂本佳凪子/上野真凛/勝又日葉)

☆男子レスキューチューブレスキュー ユース(Rescue Tube Male Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(富澤泰介/永石哲朗/森野友也/皆川貴海)

☆女子ビーチリレー(Beach Relay Female Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(但野安菜/水間菜登/三井結里花/大山玲奈)

☆女子ビーチリレー ユース(Beach Relay Female Youth)
1位:NZL
2位:AUS
3位:JPN(中島静香/高橋志穂/上野真凛/勝又日葉)

☆男子ビーチリレー(Beach Relay Male Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(竹澤康輝/小田切伸矢/落合慶二/坂本陸)

☆男子ビーチリレー ユース(Beach Relay Male Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(小林海/富澤泰介/永石哲朗/皆川貴海)

☆女子ボードレスキュー(Board Rescue Female Open)
1位:NZL
2位:AUS
3位:USA
4位:JPN(水間菜登/大山玲奈)

☆男子ボードレスキュー(Board Rescue Male Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:USA
4位:JPN(長竹康介/坂本陸)

☆女子ボードレスキュー ユース(Board Rescue Female Youth)
1位:NZL
2位:AUS
3位:JPN(坂本佳凪子/上野真凛)

☆男子ボードレスキュー ユース(Board Rescue Male Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(永石哲朗/皆川貴海)

☆オーシャンウーマンリレー(Ocean Woman Relay Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(三井結里花/名須川紗綾/大山玲奈/但野安菜)

☆オーシャンマンリレー(Ocean Man Relay Open)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(大島圭介/長竹康介/落合慶二/竹澤康輝)

☆オーシャンウーマンリレー ユース(Ocean Woman Relay Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(坂本佳凪子/高橋志穂/上野真凛/勝又日葉)

☆オーシャンマンリレー ユース(Ocean Man Relay Youth)
1位:AUS
2位:NZL
3位:JPN(小林海/富澤泰介/永石哲朗/森野友也)

ISRC第1日目の総合成績(Day1 Total Points)
*総合成績はブロッキングシステム(各競技、各国上位1人の着順のみカウント)を採用

オープン(Open)
1位:AUS / 157points
2位:NZL / 140points
3位:JPN / 100points
4位:USA / 99points
5位:CAN / 71points
6位:HKG / 51points
7位:KOR / 12points

ユース(Youth)
1位:AUS / 65points
2位:NZL / 50points
3位:JPN / 23points
LSwebLSweb








Competitions 記事タイトル一覧

年別アーカイブ