facebook  twitter  rss  youtube


12回目の「オーシャンフェスタ館山」
6月16、17日に開催。参加者募集中!
   2018/05/08

OCEAN+FEST TATEYAMA 2018

オーシャンフェスタ館山2018

新種目、続々登場

 来月16、17日の2日間、千葉県館山市の北条海岸で、館山サーフクラブ恒例のファンイベント「OCEAN+FEST TATEYAMA 2018」が開催される。

 12回目となる今年は、初日の16日(土)に中学生以上なら誰でも参加できる「アウトリガーカヌー(3人1組)」と「スタンドアップパドル(個人)」のファンレースが行われ、2日目の17日(日)には水辺の安全を守るライフセーバーたちがオーシャンアスリートNo.1を競う「OCEAN+Z12」、そして今回初登場の初心者を対象とした「ライフセービングチャレンジ」などが行われる予定だ。














  エリートアスリートが集まる「OCEAN+Z12」は4人1組(必ず1人以上の女性アスリートが含まれること)のチーム戦。泳いで、走って、漕いでといった真剣勝負のリレー種目のほか、“ビーサン飛ばし”といった新種目も導入され、今まで以上に盛り上がりそうだ。
 定員は20チーム。人気競技なので、参加希望者は早めのエントリーをお忘れなく。

 「ライフセービングチャレンジ」は、パドルボード、スイムラン、ロングビーチフラッグス(20mの折り返しコース)の3種目のうち2種目を選択して競うもの。ジュニア(小学生)、ユース(中学生)、フレッシュマン(15歳以上、ライフセービング歴2年以下)、そしてマスターズ(35歳以上)の4クラスで行われるので、ぜひこの機会にライフセービング競技を体験してみよう。

 また17日には、小学生とその保護者を対象とした「親子ニッパーボード&ランリレー」も行われる。パパ&ママ・ライフセーバーの皆さん、我が子と一緒にチャレンジしてみてはいかが?

 両日ともSUP、ニッパーボード、フラダンス、ヨット(17日のみ)の体験会もある充実の「オーシャンフェスタ館山2018」。パトロールシーズンに入る前に親子で、仲間と一緒に参加し、大いに盛り上がろう。

 エントリーはこちら。エントリー〆切は6月11日(月)。


新江ノ島水族館で夜間特別展示を開催中   2016/07/19

夜の水族館で海洋生物についての理解を深めよう



th_IMG_6782 神奈川県藤沢市の片瀬西浜海岸沿いにある「新江ノ島水族館」では、7月16日〜12月25日の期間「ナイトワンダーアクアリウム2016〜月光に漂う水族館〜」と題したスペシャルイベントを開催している。

 館内のいたるところで3Dプロジェクトマッピングとのコラボレーション展示が見られるこのイベントは、17〜20時の夜限定の特別展示だ。

“えのすい”の愛称でライフセーバーにも馴染み深い新江ノ島水族館は、相模湾の生態系を再現した「相模湾大水槽」や、クラゲの展示が充実した「クラゲファンタジーホール」など、身近な海の様子やそこで暮らすの生物を間近で観察できる貴重な場所。

 ガードが終わった後でも間に合うので、夕涼みがてらに行って見るのもいいだろう。夜の水族館は、昼間の海水浴場とは一味も二味も違って実に神秘的で、改めて海へ思いを馳せることができそうだ。

    
 
★☆NIGHT WONDER AQUARIUM2016☆★

th_IMG_1097新江ノ島水族館

場所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
期間:7月16日から12月25日
時間:17:00〜20:00
入場料:大人2100円、公庫生1500円、小中学生1000円、幼児(3歳以上)600円



 
    


ライフセービングにまつわる情報提供・大募集!   2016/04/28

LS情報ご提供のお願い



LSweb 新年度が始まり、早3週間。学生ライフセーバーの皆さんは、新入生勧誘に忙しい日々を送っていることでしょう。

 新社会人ライフセーバーの皆さんは、早起きに慣れたころかな?

 間もなくゴールデンウイーク、大型連休が過ぎるとパトロールシーズンまであっという間。全国各地でライフセービングに関する様々なイベントが開催されることと思います。

 しかし、そのすべてを編集室スタッフだけで網羅するのは大変難しいのが現状です。そこで、クラブ主催の講習会情報、イベント告知、ローカルレースレポートなどなど、皆さんの身近なライフセービング情報をLSweb編集室までお寄せください。

 写真5〜10点(もちろん、デジカメやスマートフォンで撮った写真でOK)と文章・レポート(文字量は1,000〜1,500字程度。400字詰め原稿用紙で3枚前後ぐらい)がおおよその目安です。「もっと書けるよ〜」って人は文字数など気にせずどんどん書いちゃって下さい。

 寄せられた情報は、ボリュームや速報性などを加味してウェブ、またはフェイスブックやツイッター経由で掲載していきます。ライフセーバー同士の交流が広がり、水辺の事故が少しでも減がりますように、皆さんからの情報を心よりお待ちしています。

    
 
★☆LIFESAVINGweb.comへの投稿方法☆★

LSwebライフセービングウェブドットコム編集室
E-maili : nfo@lifesavingweb.com
まで、簡単なレポート(1,000〜1,500字程度)・写真(jpeg形式5〜10枚)・募集要項などをセットにして、メールしてください。

大会ロゴやチラシなどの画像、成績表などがあれば、それも一緒にお願いします。お問い合わせもお気軽にどうぞ。


 
    


第41回全日本LS選手権
記念Tシャツ &パーカー予約販売開始!
   2015/09/24

全日本LS大会記念グッズ・GUARDより期間限定予約販売スタート

LSweb

 今年もいよいよ〝全日本〟の季節がやってきた。

 日本ライフセービング界最大の競技会であり、全国各地から予選を勝ち抜いたライフセーバーたちが集う同選手権大会。

 その記念グッズが今年も『GUARD』ブランドでお馴染みの湘南辻堂にある「SGC(SHONAN GUARD COLLECTION)」から絶賛発売中。
 
 今大会も、昨年好評を得たTシャツとパーカーの2種類の商品をご用意。今回のデザインは、ズバリ!!ライフセービングのシンボル『パトロールキャップ』をイメージしたもの。

designdesignbk
 記念Tシャツは、ホワイト、ネイビー、ライトブルーの3色。パーカーは、ネイビーと杢グレーの2色となっている。サイズはどちらもS、M、L、XLの4つが揃う。

ストラップ0a 同大会の記念グッズは毎年人気を博しており、しかもGUARDのウェブサイトのみでの先行予約販売となっているため、ここでしか手に入らないまさに期間限定の記念グッズとなっている。

 さらに今年は特典としてライフセーバー必須アイテム『ホイッスル』がつけられる GUARDオリジナルネックストラップをプレゼント。この機会をぜひお見逃しなく!

 買い忘れてあとで後悔しないように、これを見たら早速「GUARD」ウェブサイトから予約しよう。尚、この商品は、予約販売商品のため、10/7㈬以降順次発送予定となっている。


★☆第41回ライフセービング選手権大会記念Tシャツ&記念パーカー☆★
全日本Tシャツ全日本パーカー
記念Tシャツ特別価格:1枚 2,300円(税込)
記念パーカー特別価格:1着 3,500円(税込)

◎購入&お問い合わせ
◆【SGC】エス・ジー・シー
◆住所:神奈川県藤沢市辻堂1-2-17 1F
◆電話:TEL:0466-86-7774
◆定休日:毎週火曜日
ウェブサイト:http://www.guard1997.com/news#whatnew_data397



「ライフセーバーと遊ぼう 海の安全教室」
自治体と協力し鎌倉、逗子、葉山の海岸で開催
   2015/08/14

LSweb

IMG_01052015年夏。

神奈川県鎌倉市、逗子市、葉山町の6つの海水浴場で
「ライフセーバーと遊ぼう 海の安全教室」が開催された。

神奈川県ライフセービング連盟が中心となり、
地方自治体と協力して行われたプログラムの真の目的とは?

文・写真=LSweb編集室





スマート・ビーチ・プロジェクトの一環として

LSweb 近年、神奈川県の湘南地域では、海の家のクラブ化やエスカレートする飲酒など、海水浴場のマナー低下が問題になってきた。

 そこで今年は鎌倉市、逗子市、葉山町の2市1町が連携して、海水浴場の開設期間である6月26日から8月31日まで、海水浴場のマナー向上キャンペーン「Smart Beach Project(スマート・ビーチ・プロジェクト)」を展開することになった。

 このキャンペーンでは砂浜での
・飲酒禁止
・入れ墨の露出禁止
・音響機器の使用禁止
 を訴え、地域内にある7つの海水浴場でルール順守を呼びかけている。

 現在、海水浴期間中ということもあり最終的な評価はまだ出ていないが、電車やバスなど公共交通機関での中吊り広告、駅構内などでの放送、FM局での週1回の呼びかけ、さらには首都圏の大学校内への広告掲示などの周知が功を奏したようで、3自治体ともにマナー向上の手応えをつかんでいるようだ。

 このキャンペーンの一環として開催されたのが、地域内の6つの海水浴場で行われた「ライフセーバーと遊ぼう 海の安全教室」だ。

 小学1〜6年生を対象とした夏のファンイベントで、ライフセーバーから直接、海での危険や安全に遊ぶ方法、海辺のマナーや海水浴場のルールを教えてもらい、海を大いに楽しんでもらおうと、神奈川県ライフセービング連盟とその加盟団体である鎌倉ライフガード、逗子サーフライフセービングクラブ、葉山ライフセービングクラブの3クラブ、そして鎌倉市、逗子市、葉山町の3自治体が協力し開催することになった。

 3クラブ+3自治体による初の試みは、鎌倉3回、逗子2回、葉山3回の計10回開催されたが、当日の運営は各クラブがそれぞれ担当。ビーチクリーンや、離岸流についてのレクチャーといった基本メニューのほか、地元の海の特性を踏まえた独自のメニューも取り入れられ、各浜で子どもたちの楽しそうな声が響いていた。
LSwebLSweb

 自治体側から企画・運営に携わった市役所職員に話しを聞くと、
「スマート・ビーチ・プロジェクトは始まったばかりです。こうした活動は地道に続けていくことで浸透していくと思いますし、子どもたちがルールやマナーを知ってくれることで、周辺にいる大人にも影響を与えることができると思います。今年の反省点なども加味して、来年度以降も継続していくことに意義があると考えています」
 という返答。

 全国的にも影響力の大きい湘南地域の海水浴場で、自治体とライフセービングクラブの協働が動き始めた。海水浴場の形には正解はないが、より多くの人が快適に過ごせるビーチを目指して、湘南地域がどう変化していくのか今後の展開に注目したい。

LSwebLSweb
 LSweb 
LSwebIMG_0240




news&information

  新着記事

  News&Info新着記事

  News&Info年別アーカイブ