interview

wada11
スポーツDJ 山本ゆうじ対談 〜ライフセーバーの素顔に迫る〜
第5回 和田賢一さん Part1
2015/10/08

Up Close to the Personal of Lifesaver Vol.5

第5回前半
式根島ライフセービングクラブ 和田賢一さん


wada01 スポーツDJ 山本ゆうじさんが、ライフセーバーたちの素顔に迫る対談シリーズが2年ぶりに復活! 通算5人目となる今回のゲストは、ビーチフラッグスで世界一を目指す和田賢一さんにご登場いただいた。

 2014年に全日本ライフセービング種目別選手権大会、全日本ライフセービング選手権大会で二冠を達成した和田さんは、大学4年生の時にライフセービングと出会い、いきなり“ビーチフラッグスで世界一になる!”と決意した。「誰かの真似をしていてもその人は超えられない、つまり世界一にはなれない」という理念から、独自に研究と努力を重ね、ライフセーバーにはお馴染みのオーストラリア修行はもちろん、走力強化のために、ウサイン・ボルト選手が所属するジャマイカのクラブに留学した経験も持つ。

 全豪選手権のビーチフラッグス競技で優勝するために、自分なりのビーチフラッグス道を探求している “ワダケン”こと和田賢一さんに、ライフセービングとの出会いから将来の夢まで、お話しを聞いた。

文・写真&動画=LSweb編集室




wada2014種目別wada2014種目別2【プロフィール】
和田賢一(わだ・けんいち)

式根島ライフセービングクラブ所属


 高校までは野球一筋だったが、野球での挫折を経験したことから、さまざまなスポーツに挑戦するように。日本大学在学中からスポーツトレーナーとして働きはじめ、そのまま就職。2014年、ライフセービングに集中するため退職し、その後、オーストラリア、ジャマイカへ留学した。2015年はヨーロッパへも遠征し、2016年の全豪選手権に向けたトレーニングを続けている。1987年、東京生まれ。

【主な戦歴】
2009年 神奈川オープン 優勝
2010年 全日本選手権 2位
2012年 全日本種目別選手権 優勝
2013年 全豪選手権 8位
    神奈川オープン 優勝
    全日本種目別選手権 3位
    全日本選手権 2位
2014年 クィーンズランド州選手権 優勝
    全豪選手権 準優勝
    全日本種目別選手権 優勝
    世界選手権Rescue2014 6位
    全日本選手権 優勝
2015年 ヨーロッパ選手権 優勝


ライフセーバー対談
山本ゆうじ×和田賢一 その1




まずは、ライフセーバー・和田賢一の原点ともいうべき、ライフセービングとの出会いについて。それは大学4年のときだった。

ライフセーバー対談
山本ゆうじ×和田賢一 その2




続いて、ビーチフラッグスで“世界一になる”と決めたその過程を聞いた。「そんなに簡単なことじゃないよ」と友だちは言ったけれど……。

ライフセーバー対談
山本ゆうじ×和田賢一 その3




2009年、初めて出場した競技会「神奈川オープン(神奈川県ライフセービング連盟主催)」で、現役最強の植木将人選手と出会う。

ライフセーバー対談
山本ゆうじ×和田賢一 その4




世界一になるために、人まねではないスタートを研究し続けた結果、スタート直後に無重力状態を作り出せばいいとわかったのだが……。



山本ゆうじ(やまもと・ゆうじ)
LSweb
劇団「ひまわり」などを経て役者となり、のちにDJとなる。1989年からスポーツの会場実況と音楽を組み合わせたスポーツDJスタイルを考案、現在に至る。スポーツDJキャリア26年。ライフセービング競技会だけでなく、東京マラソン、ビーチバレー、サッカーJリーグ、バレーボールW杯、オープンウオータースイム、フットサル、ビーチサッカーなど、幅広いスポーツの盛り上げに貢献している。

趣味は毎週練習を欠かさないビーチバレー。ミュージシャンとしても活躍しており、オリジナルソングも多数ある。1960年、東京生まれ。





年別アーカイブ